岩盤ヨガについて About Hot Yoga

ピラティスとヨガはどう違うのでしょうか?

その成り立ちや目的は違っていても、どちらも呼吸に合わせて体を動かします。
意識をそのレッスンそのものに集中させれば、レッスン後にあなたが感じるものは、同じものかもしれません。
ピラティスは、赤ちゃんが寝返りから座って立ち上がり歩いて行くように、寝た姿勢から、座位、立位へと
エクササイズが展開し、レッスン終了とともに、日常生活の中に動きが溶け込んでいきます。
これに対しヨガは、立位での太陽礼拝と呼ばれる基本の動きに始まり、
最後はシャバーサナ(屍のポーズ)の寝た姿勢で終わることが多いです。
ピラティスは、一部の部位の小さな幅の動きの反復に始まり、複数の部位を統合させた動きへと展開するのに対し、
ヨガは初めから練習する人の動かしたい幅に自由に体を動かしていきます。
この点においては、初心者や身体に痛みを持っている人には、ピラティスの方がけがのリスクが少ないと言えるでしょう。
ピラティスの緻密な動きによる自分の体への気づき、ヨガの大きく体を動かし、マインドを解き放つ自由さ、
コアバランスでは、どちらの良いところもぜひ経験していただきたいと思っています。

ヨガの効果

多くの方が特に強調されるのがメンタル面での効果で、
驚異的なメンタル調整効果が期待できます。
精神が安定してきた、イライラしにくくなってきた、人間関係がよくなってきた。
そもそもヨガとは、心をうまくコントロールして、ベストなコンディションへと導くために生み出されたもの。
たった30分間ヨガをするだけでも、その後に訪れる爽快感、解放感は、他では得がたいものがあります。
また、集中力の高まりやストレスがリセットされた感じ、優しい気持ちになれるなど、
ヨガが心に与える素晴らしい効果は、あげればきりがないほどです。

ストレス発散効果

心を乱し、様々な不調を引き起こす元凶であるストレス。このストレスを、心の問題として考えていませんか?
ヨガでは、ストレスは心身両面の問題と考えます。
思い通りに物事が進まないとき、それを乗り越えたくて、壊したくて、泣きたくてエネルギーが湧き起ってきます。
実は、この困難を乗り切るためのエネルギーこそが、ストレスの正体なのです。
もしそのエネルギーを額面通りに使えたとしたら、ストレスはどこにも蓄積しません。
ただ、多くの場合、困難は持続するし、物は壊せないし、泣くに泣けない。
そんな状況が続くことで、行き場のないエネルギーが身体に蓄積してしまうのです。
ヨガのポーズは、この過剰なエネルギーを使いきり、緊張で硬くなった筋肉をほぐし、
不要なエネルギー=ストレスを効率よく解消します。
また、ポーズ中の深い呼吸は、過剰な緊張を解除し、ゆったりとした心のバランスを取り戻してくれます。
こういったストレス解消効果が、ヨガの持つメンタル調整効果を高める大きな一因となっているのです。

集中効果

ヨガでは、身体と呼吸を上手に使って、心を自然な形で集中へと導こうとするのです。
目を閉じてひたすら集中しようとしたところで、決して止まることのなかった心も、様々なポーズを行うだけで、自然に身体へと意識が向かうようになります。動きや刺激があるからこそ、心は自然に鎮まってくるのです。
また、集中しているときの身体の状態=充実した下腹、すらりと伸びる腰、開放された胸、くつろいだ肩、そんな姿勢を
意識しながらポーズを続け、呼吸を深めていると、集中力のない人でも、自然に心がひとつの対象へと導かれていくのです。こうしたヨガの様々なテクニックを通して集中を深めることで、聞かん坊の心もすんなりと理想的な状態へと調整されていくのです。

調和効果

乱れた心を調えるばかりでなく、物事の捉え方を変えることで、心の乱れを未然に防いでくれるのがヨガの最大の魅力といえます。
水が半分入っているコップを見て、まだ残っていたと喜ぶ人、逆に半分しかなかったと悲しむ人。
簡単に言えばこの両者の違いで、ストレスの多さ、日常のハッピー感が大きく変わってきます。
ヨガは、あらゆるものとの接し方、向き合い方、感じ方を、よりハッピーになるように変えてくれるのです。
ポーズ中に聞こえてくる内なる身体の声=心地よさ、痛み、伸びた感じ、縮んだ感じ、バランス。
そういった身体の声に耳を傾けながら、自分の身体との向き合い方、ひいては様々なものとの向き合い方を調整していくことこそが、ヨガが目指す最も深い境地、そして効果といえるのです。
「心身ともに健康を維持する」の心

ピラティスの効果

健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間を伸ばすために
ピラティスで理想的な身体の動きを学び、
そしてそれを一生モノの記憶として身体に沁みつかせる。
そうすることによって、ケガの早期回復や、慢性的な痛みの改善、
そして日常生活やスポーツにおけるパフォーマンスの向上を導き出します。

からだの負担のない動き

からだの歪みを改善し、負担のない理想的な動きができるようになります。
無理な動き方をしないので、ケガをしづらいからだになります。

きれいな姿勢

骨盤や背骨を本来の理想の位置に導くので、からだの中心に1本の芯が通ったようなきれいな姿勢を維持できるようになります。立ち姿や歩く姿が美しくなります。

血流が良くなる

一般的に1レッスンで、全身の筋肉を使うようなエクササイズにしていることが多くからだの血流がよくなり、
新陳代謝が高まります。むくみや冷え性の改善や、内臓への血流がよくなることから、胃腸の動きも活発になります。

からだの変化に敏感になる

からだの動かし方や、からだの歪みの左右差などに意識を向けながら、
エクササイズをするのでからだの変化に敏感になります。

ストレスに強くなる

ピラティスは呼吸を大切にします。 からだのすみずみまでに酸素がめぐるように呼吸を行います。
また、からだの歪みが改善し、バランスがよくなることから、コンディションもよくなります。
このために自律神経の調節作用もあると考えられています。
「心身ともに健康を維持する」の身
ベイサイドレッスンに申し込む

お問い合せ

出張ヨガ・ピラティス・その他エクササイズに興味をお持ちの方はどうぞお気軽にお問い合わせください。
出張の場合のご予算・時間帯などもお気軽にご相談下さい。
TEL:092-624-7407
出張エクササイズ等レッスン予約以外のお問合せ:平日9:30~18:00
@CONTACT

Page TOP
トップページ
ピラティスとヨガの違い